神奈川県平塚市の整形外科〜医療法人社団 久保田整形外科医院〜
やましたリハ通信

やましたリハ通信 第30号

2022年1月

第30号 ホームページをリニューアルしました

副院長 久保田 聡

新型コロナウイルス(COVID-19)が報告されて2年が経過しようとしており、withコロナやafterコロナなどの言葉があるように、新型コロナウイルスを中心に日常生活や社会が大きく変わってきている状況かと思います。オミクロン株の流行など不安なことは尽きませんが、3回目のコロナワクチン予防接種や コロナウイルス治療薬の開発など明るい兆しも見えてきており、新年を迎え、気持ちも新たに今年こそは新型コロナウイルスが終息に向かえばと期待しております。

前号でお伝えしたように10月29日より当通所リハビリテーションのホームページをリニューアル致しました。1-2時間型の短時間型通所リハや3-4時間型通所リハについての説明や、当施設で行っているリハビリテーションの内容について写真を交えて、御紹介しております。感染予防対策としての 換気や消毒、検温などについても記載しております。多くの方に見て頂いて、当通所リハビリテーションについて知って頂ければ幸いです。

当通所リハビリテーションのホームページは久保田整形外科医院のサイト内にございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

令和4年1月


肩甲骨を動かしましょう

寒さ対策には、肩甲骨の運動が効果的です。

冬の寒さを乗り切る為には、代謝を良くする適度な運動を習慣づける事が効果的です。
体調の負担にならない軽めの運動からスタートして、冬の寒さに負けない体つくりをしていきましょう。
冬の寒さ予防運動は、「肩甲骨」を意識的に使います。活動意欲を取り戻し、快活な生活に戻して行きましょう。

今回は、「肩甲骨体操」をご紹介します。
 ※左右5回~10回を目安に、やや肘を斜め後方へ引いた状態から、力を抜いた状態で胸の前方に手が戻ってくる様に振る。
※何度も繰り返し腕全体の力を抜いていきます。慣れてきたら交互に手を振る。

※解剖学的な視点から考えると、やや斜めに肩甲骨を動かす様にするとスムーズに肩甲骨が動かしやすくなります。
(作業療法士 笹部泰晴)


ノロウイルスを予防しましょう

ノロウイルスは、ワクチンも抗ウイルス薬もなく、アルコールが効きにくいウイルスです。
アルコール消毒だけでは予防になりません。主な「対策」をご紹介したいと思います。

主な「対策」をご紹介したいと思います。

最も有効な手段は【手洗い】です

石鹸を十分に泡立てて(ブラシなどを使うとなお良いです)、手指を洗います。
しっかりすすいで清潔なタオルやペーパータオルで拭き取ります。
※汚れを落とす事によってウイルスを手指から剝がれやすくする効果があります。

外出先から帰ったら、調理や食事前・トイレの後などは、時間をかけて丁寧に洗いましょう。
指先・指の間・爪の間などは見逃しやすいので、洗い残しが無い様に注意しましょう。
基本的な内容ですが、続ける事が何よりも重要です。

介護福祉士 大澤 彩


やました通所リハビリテーション
発行
久保田整形外科医院
発行責任者
施設長 久保田 聡
発行日
2022年1月
神奈川県平塚市山下458
医院:0463-35-2611 通所:0463-37-5786
バックナンバー
やましたリハ通信 第31号
利用者評価を実施して
やましたリハ通信 第30号
ホームページをリニューアルしました
やましたリハ通信 第29号
より多くの方に知って頂くために
やましたリハ通信 第28号
ちょっとした運動をしましょう!
やましたリハ通信 第27号
継続したリハビリテーションの効果
やましたリハ通信 第26号
コロナフレイルに気を付けましょう
やましたリハ通信 第22号
新たなスタート!
やましたリハ通信 第21号
新しい年を迎えて
やましたリハ通信 第20号
介護度の変化を調査して
やましたリハ通信 第19号
診療報酬・介護報酬同時改定に際して
やましたリハ通信 第18号
「ストップ・ザ・ロコモ」を目指して
やましたリハ通信 第16号
通所リハビリテーションの意義
やましたリハ通信 第15号
「やましたリハ通信」の評価を頂いて
やましたリハ通信 第14号
医学会(北海道)に参加して
やましたリハ通信 第13号
「利用者評価」の実施結果を踏まえて
やましたリハ通信 第12号
多職種の連携を図るために
やましたリハ通信 第11号
健康寿命を延ばしましょう!
やましたリハ通信 第10号
地域包括ケアシステムの実現に向けて
やましたリハ通信 第9号
地域リハビリテーションの充実のために
やましたリハ通信 第8号
東日本大震災から3年
やましたリハ通信 第5号
防災意識を高めましょう!
やましたリハ通信 第4号
運動の習慣を持ちましょう!
やましたリハ通信 第3号
年頭に当たって
やましたリハ通信 創刊号
やましたリハ通信創刊に寄せて